研修、教育。心理学を使った講座なら。TAカレッジ奈良王寺校。

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

「いつも」VS「今回は」(旧ブログ2010-06-19より)

※この記事は、以前に書いていたアメブロ過去記事にあったものをそのままコピペしたものです。
今と文体がちがっているのですが、そのままコピペいたしました。お見苦しい点もあるかと思いますが、ご容赦ください。

「いつも」VS「今回は」

あ~、
どうしていつも、うまくいかないんだろう。

う~ん、
どうしていつも、間違っちゃうんだろう。

って、いつも言ってる人がいます。

でも、
いつも」って本当にいつも、ですか?
いつもって具体的に、いつといつといつといつといつといつといつと・・・・・・のことですか?

いつも」っていう言葉は、詳細を省略して一般化することのできる、あいまいな言葉です。
確かに使い道しだいで便利なときもあるかもしれません。
「いつもお世話になっております」
本当にいつもかどうかはわかりませんが、それはまあ良いじゃないですか。
今もわたしが生きられるのは、いつもお世話になっているあなたのおかげ。

ところが、不便なときもあります。
それはネガティブな言葉とペアで使うときではないでしょうか。
いつもうまくいかない
いつも間違う
でも、それって

『よく考えたら本当は『いつも』ってことはないのに、あえて『いつも』って言うことによって、その事態があたかも『いつも』起ってしまうことに今後もしちゃおうぜ計画』推進委員会
ですよね。

それって、
自分で自分をブルーの世界に招き入れちゃってるってことになりませんか?
そんなのイヤだな~~。
って思った方に朗報です。

良い方法があるんです。

「いつも」をやめれば良いんです。

そして、「いつも」という言葉を

「今回は」

に変えます。

そうすることによって、「な~んだ、今回がそうなのか~」っていう気になります(笑)
「あ~、今回はどうしてうまくいかないんだろう」
「う~ん、今回はどうして間違ったんだろう」

それはね。
寝不足だよきっと。
今夜はよく休むことにしましょう。 笑

学ぶ! HTCの心理学講座

 

Twitterしています

お問い合わせ・ご相談はこちら


お電話でも受け付けております。

090-1146-4335

「いつも」VS「今回は」(旧ブログ2010-06-19より)

読むのにかかる時間の目安 <1 min