心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

I(わたし)であることと、We(わたしたち)であること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は大阪にて心理学セミナー&ランチ会でした。
わりと久しぶりだったかもしれません。
10時から心理学セミナー90分、その後おいしいランチをいただきながらの交流会です。

心理学セミナーでは、令和の時代(令和が1月からはじまったのは今年がはじめて)にふさわしい心の持ちようといいますか、生き方のテーマといいますか、を私なりの理解とご提案でお話いたしました。

わたしはわたしのために生きる
あなたはあなたのために生きる
わたしはあなたを幸せにするためにこの世に生まれてきたわけでもないし
また、あなたもわたしを幸せにするためにこの世に生まれてきたわけではない。
わたしはわたし。
あなたはあなた。

……と、これは私の大好きなゲシュタルトの祈りの一部なのですが、そう、たしかに心理学は「わたしがわたしの人生を生きるために」どうあるべきか、などということを考える学びといえるかもしれません。

でも、これだけではなんとなく寂しい。
いや、ゲシュタルトの祈りは別に寂しく感じるような意味ではないのだと私自身は思っているけれど、それでもなんとなく寂しく感じられる人はいるんでしょうね。

それはどうしてか。
それはもしかしたら、なんとなく心理学が「I」(わたし)を主体に生きていくこと印象があるからなんじゃないだろうかと、ふと考えたりするわけです。
コミュニケーションとか人間関係を考えるときに心理学を使うのだけれど、他人は変えることなんてできないんだから「わたし」がこの人(たち)とどう関わるかの学びが心理学なんだ、と。

でも、これからの時代(いや、実はこれまでもそうだったわけだろうけれど)、
わたし主体だけでは、つまり「わたしがどうあるべきか」だけでは幸せに生きていくことは難しい。
これからの時代(いや、実はこれまでもそうだったわけだろうけれど)、「わたしたちはどう生きていくのか」「わたしたちはお互いにどう関わり合っていくか」を考えたいと思うのです。

I(わたし)であることと、We(わたしたち)であることの両方を両輪にして動いていくということ。

目玉焼きの一番おいしい食べ方の話をしました。
悩みを抱えている人たちにどう援助するかについて話をしました。

昨日のセミナーは、参加者の方それぞれに素敵な個性があって、みなさんそれぞれに過去とか未来とかがありました。
それらをお互いに共有できたこと、私はとても幸せに感じました。

ありがとうございました。
またやりましょう。

♪♪♪
次回の日程が決定いたしました。
どうぞお越しくださいませ!

 

お読みいただき、ありがとうございます。

ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」を配信しております。

メルマガからもお伝えしたいことをお届けしておりますので、よろしければご登録(無料)いただけたら光栄です。


また、ご感想やコメントなどをLINEでいただけるととても嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください

●心理カウンセリングを受けることをお考えの方はこちら●心理学を学ぶ。交流分析の資格取得をお考えの方はこちら

研修・講座のご用命は【こちら

メルマガ登録、無料!


心理カウンセラー島幸樹の
心がスーッと楽になるメルマガ
不定期でお届けいたします。
→どうぞこちらからご登録ください。

●過去のメルマガ記事は【こちら】から数件のみ一覧表示しております。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お問い合わせ・ご相談はこちら


お電話でも受け付けております。

090-1146-4335

I(わたし)であることと、We(わたしたち)であること

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。