HSP 不登校 生きづらさ コミュニケーションなどの心理学を学ぶ

menu

心がスーッと楽になる心理カウンセリング・心理学講座│Heart Trust Communication

TAG聴く

受け止めることと、受け入れること。カウンセリングの話

お釈迦様の話で、他人の怒りを受けとらなかった話はとても有名です。 長い修行生活を終え、その悟りを多くの人たちに広める旅に出かけるようになったお釈迦さま。 そのお姿は多くの人たちから慕われるようになった。 しかし中に、そんなお釈迦様のこ……続きを読む

相手の立場で話を聴くということ

共感的理解というのは、相手の立場で話を聴こうとする姿勢です。 相手の内的世界を理解しようとすること。

どうして話を最後まで聴くことができないのか

聴くということは相手からのボールを受け取ろうという姿勢でありたい。 聴いているようでいて、相手にボールを投げたがってしまうと、相手は「聴いてもらえていない」と感じるんだと思います。 でも、どうして話を最後まで聴くことができないんでしょうか。 それは聞き手には聞き手の受け取り方があるからです。 その受け取り方は心の奥の方にあったりして、何かこう、ザワザワ、ワサワサとして聴いていられなくなるからです。

学力の3要素と、カウンセリングと、親が子の話を聴く力

ブログ書くことが久しぶりです。日々の記録でもあるから、本当はもっとちゃんと書かないといけないんだけど、他のことをしていたらうっかり忘れてしまうのがブログを書くこと。反省反省。 先日、奈良県立・生駒高校さんのPTA総会でお話させていただ……続きを読む

共感的に理解する(3)

前回までの続きです。 →共感的に理解する(1) →共感的に理解する(2) 今回でこのシリーズいったん最後にします。 先日、カウンセリングセッションの中で、こんなことを話されている方がいらっしゃいました(フィクションです) ……続きを読む

共感的に理解する(2)

相手が何を考えているのか思っているのか言いたいのか、ということはその人に確かめないとわからない。 その人そのものになって理解するのが共感的理解です。

共感的に理解する(1)

 共感ということについて書きました。  相手のことは、「うんうん、わかるよ」ではなくて、「わからない」ということがそもそも前提です。  その人が何を考えているのか、どんな気持ちなのかはわからないんです。  わからない、だから確認するんです。

メルマガ書いています

不定期でお届けいたします。
心理カウンセラー島幸樹の
「心がスーッと楽になるメルマガ」

ご登録は無料です。
上の画像をクリックいただけると登録画面へ移動します。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お電話での受付

090-1146-4335

(電話受付時間:10:00~20:00)

◆電話番号はご相談者の方・お問い合わせの方専用の番号です。営業目的のお電話はどうぞご遠慮願います。
◆カウンセリング中などで電話に出られない場合がありますので、恐れ入りますがその際には留守電にお名前と連絡先をお願いいただくかメールにてお問い合わせください。こちらから折り返しご連絡いたします。留守電がない番号通知のみのお電話の場合、こちらから折り返しは致しませんことご容赦ください。