心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

TAG人間関係

I(わたし)であることと、We(わたしたち)であること

これからの時代、わたし主体だけでは、つまり「わたしがどうあるべきか」だけでは幸せに生きていくことは難しい。 これからの時代、「わたしたちはどう生きていくのか」「わたしたちはお互いにどう関わり合っていくか」を考えたいと思うのです。 I(わたし)であることと、We(わたしたち)であることの両方を両輪にして動いていくということ。

アホって言う方がアホだという件について(ツイートまとめ)

Twitterをしているのですが、今朝つぶやいた複数にまたがるツイートをこのブログでまとめました。 「アホって言う方がアホだという件について」です。子どものころからよく言われてきたものです。アホって言う方がアホ。 私は関西人(大阪生まれ)なので、アホという言葉に愛がある場合もあることを知っているのですが、そういうものばかりでもありませんね。

相手をどうしたいのか ではなくて、 自分がどうありたいのか

 価値観とか感じ方とか行動パターンとかが自分と違う人の話を聞かせて頂くことがあります。  それってものすごく面白いです。  人はそれぞれ違うってことを、まさに今この場で実感できる面白さ。  相互尊重という言葉が僕は好きです。 ……続きを読む

少数の人へ特に目を向けるということ

もう20年くらい前ですが、不登校支援でフリースクールに通って、そこの子どもたちと一緒に調理実習をしたりサッカーをしたりしてた時期がありました。 自由であることに意味があったので、私たちにも特に厳しいマニュアルはなかったのですが、その頃スク……続きを読む

相互尊重

わたしはわたしで、その行動は正しいと思っているからそうしている。 なぜならわたしなりの考え方があるから。 そして、 相手も相手で、その行動は正しいも思っているからそうしている。 なぜならその人にはその人の考え方があるから。 自分がこう考えているからこう反応してこう行動するのと同じように、 相手もこう考えているからこう反応してこう行動するのだろう。

コミュニケーションのパターンを変えてみる

昨日は心を豊かにする心理学、交流分析2級講座でした。 コミュニケーションのパターン、やりとりの分析では、演技派の皆さんが上手に上司になったり部下になったり、母親になったり子どもになったりしてくれて、とても楽しい時間でした。 まだ……続きを読む

共感的に理解する(3)

前回までの続きです。 →共感的に理解する(1) →共感的に理解する(2) 今回でこのシリーズいったん最後にします。 先日、カウンセリングセッションの中で、こんなことを話されている方がいらっしゃいました(フィクションです) ……続きを読む

わたしというものはわたしの中に存在するものじゃない、という話

本当のわたしってどんな人間? それって私自身の中にあるのでしょうか? そうではないと思います。 わたしというものはわたしの中に存在するものじゃなくて、お互いの関係性の中に存在しています。 そんなお話です。

その人の価値観

例えば、自分が好きになった人が村上春樹の愛読家だったとしたら、自分も村上春樹を読もうとしませんか? 今まで全然読んだことがなくても。 本当は自分は村上龍が好きだったとしても。 そして最初は好きな人と同じ本を読んで、読んだ自分をアピールしたかったりするかもしれません。 でも、だんだんとそれが違ってきたりします。

気付くこと、そして変わること

I am OK. You are OK. 人生はもっと素敵なものになる。 自分も周りの人たちももっともっと素敵になれる心理学、それが交流分析です。

メルマガ登録、無料!


心理カウンセラー島幸樹の
心がスーッと楽になるメルマガ
不定期でお届けいたします。
→どうぞこちらからご登録ください。

●過去のメルマガ記事は【こちら】に保管しております。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

Twitterしています

お問い合わせ・ご相談はこちら


お電話でも受け付けております。

090-1146-4335