HSP 不登校 対人関係/カウンセリングを受ける、学ぶ

menu

心がスーッと楽になるHeart Trust Communication

CATEGORYメルマガ

嫌いなこと、嫌な思い

好きなものに好きと言えること これは大事にしたいと思うんです 好きな空 好きな映画のワンシーン 好きな音楽 好きな声 好きな温もり 好きな人…… これまでも私はそれはたくさん感じてきました そのときどきに感じた想い……続きを読む

全部まるっと受け入れる

「良い側面」「良いところ」「良いこと」なんて何も見つからないです。 リフレーミングできません! ※先日の記事の続きです。そちらもどうぞご参照ください。 たしかにそう思われるお気持ち、 今お読みいただいて方もそこに共感されるか……続きを読む

無理やりがんばってポジティブ

リフレーミングというのは 起きている問題とか悩み、苦しみに対して 見方、考え方を変えて つまり掛けている眼鏡を変えて とらえなおすことをいいます。 外へ出て遊びに行こうと思ったら 雨が降ってきました。 あー、残念。。。 ……続きを読む

「悩む」という字は、心に・・・

何か嫌なことがあったときに落ち込んで 同時にそんな昔のことも思い出しては また落ち込んでしまう。 確かにこういうこと、あります。 自分の中に「すぐにすねる性格」があったり 弱い自分がいたりして、 悩みの原因は、そんな自分のせい。 本当にそうでしょうか。 それでは今ちょっと ちがう考え方をしてみましょう。

思考が先か、感情が先か。

人はそれぞれ心のドアを持っていて、そのドアには「思考」とか「感情」とか書いてあります。 誰でも全部のドアを持っているのですが、誰かとのコミュニケーションや周囲との人間関係において、ある人ははじめに「思考」のドアを開け、またある人ははじめに「感情」のドアを開けます。 人格適応論の一部をご紹介しています…

コロナの憂鬱は明け方にきます

いつもありがとうございます。 心理カウンセラーの島幸樹です。 予防の意識 学びの価値観 令和2年、この年に大きく変わるであろう私たちの意識のうち、大きなもの2つがこれだと私は思います。 病気の予防については、これまでも特に……続きを読む

身体と身体の触れ合い

いつもありがとうございます。 心理カウンセラーの島幸樹です。 人間は他の哺乳類に比べ、母体から誕生しても長い間、母親から物理的にも心理的にも離れることができません。 ものをつかむこともできないし、歩くこともできない。 特に母親、……続きを読む

緊急事態に必要な「2つの箱」の話

自分の目の前に大きな箱を二つ用意してください。 それぞれに自分の好きな色をつけましょう。 片方の箱には「客観的事実」と書き、もう片方に「思い込み(意見)」と書きます。

信じられる愛はあるんか?

 私たちの脳はかなり優秀で、同時にかなり怠慢です。 最近の研究でも話題に挙がっていましたが、私たちが五感を通して得ている情報はものすごい量で、それを一気にすべて取り込もうとするとエネルギーは相当消耗しパンクしてしまいます。  エネルギーが足りずに餓死してしまうわけです。

愛することと働くこと

内面の美しさ、外見の美しさ。 いずれにせよ、それは健康があったのことだと思うのです。 無意識、潜在意識を発見した20世紀の偉人、精神科医のフロイトは晩年、弟子から「健康な大人の条件とは何か」と尋ねられたとき、次のように答えたといいま……続きを読む

さらに記事を表示する

アーカイブ

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

心理学を学ぶ、資格取得

HSP診断テストを受ける

周りの人たちの心の動きに敏感で、不安になりすぎたり、生きづらさを感じることはありませんか?
一度おためしください。
アメリカの心理学者エレイン・N・アーロンによる繊細さの自己診断テストを用いています。

研修・セミナーのご依頼

●法人、事業主様向け●
研修・セミナーのご用命はこちらから

お電話での受付

090-1146-4335

(電話受付時間:10:00~20:00)

◆電話番号はご相談者の方・お問い合わせの方専用の番号です。営業目的のお電話はどうぞご遠慮願います。
◆カウンセリング中などで電話に出られない場合がありますので、恐れ入りますがその際には留守電にお名前と連絡先をお願いいただくかメールにてお問い合わせください。こちらから折り返しご連絡いたします。留守電がない番号通知のみのお電話の場合、こちらから折り返しは致しませんことご容赦ください。