心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

あなたは時間をどんなふうに使う人間でありたいのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私たち人間にはいろいろな欲求がありますが、その中のひとつに「構造化の欲求」というものがあると言われています。
 ごちゃごちゃした本棚の整理をしたくなったり、見た目バラバラな人々がいたら背の順番とか男女別とかに分類したくなるのも、それなんでしょうか。

 その中のひとつに時間の構造化というものがあります。
 要は、ただただ長い退屈の時間があると、それを何かして埋めたくなるという欲求。
 これは時間だけに限らないわけで、この土台の部分には、他者との関わりの欲求があるんです。
 誰かとどう時間をすごすか、自分が他者にどう関わるか、どう関わってもらうか。
 そのためにどんな時間の使い方をするか。
 人はこういったことを意識的に考えないわけにいかないし、また無意識的にもそのことに突き動かされないわけにはいきません。

 現代はいろいろとモノがあふれていて、ほしいものがわりとすぐに手に入ったりする時代です。
 欲しいものは当たり前のように、そこにある。

 そうなると、
 この欲求が鈍感になってしまうような気がしてしまいます。
 本当に自分が求めているものは何なのか。

 他者との関係性もそう。
 PCもスマホもあって、連絡手段もあって、対話のアプリもはじめからそこにあるから、本当は自分がどんな人と出会いたくて、どんな人と関わりたいのかを感じる部分が麻痺してしまっているとしたら、それって嫌だなって私は思いました。
 おなかがすいていようがすいてなかろうが、食べたかろうがそんなことなかろうが、テーブルの上にはたくさんの食べ物が置かれているから、つい何も考えないままに食べてしまいます。

 今自分の体に、自分の心に必要なものは何なんだろうか。

 人間はそんなことを元々感じる力を持っているはず。
 そしてその欲求に従って動いてみたら、そのとき最も自分らしく生きることができるんだと思うのです。

 今までそこにあって当たり前だと思ったものから、距離を置いてみます。
 それが本当に欲しいものなら、またそこへそれを取りに行けばいい。

 あるいは、
 今までそこにあって当たり前だと思ったものから距離を置いたら、時間とか心とかに、ぽっかりと穴の開いたような感覚になるのかもしれない。
 そしたらその穴を私はどうやって埋めようとするんだろう。
 どうにかして埋めようとするんじゃないだろうか。
 退屈には耐えられないから。
 その埋め合わせには必ず他者が関係するのだろう。
 人は一人では生きていけない。
 つまり、モノとか情報とかからいったん離れてみて本来の欲求に従って生きていくことで、他者との関係性に新しい変化が起きてくるのではないでしょうか。

 それってとても素敵だと思います。
 鈍感に生きるのではなくて、感性を過敏に働かせて生きていきたい。

お読みいただき、ありがとうございます。
ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」を配信しております。
メルマガからもお伝えしたいことをお届けしておりますので、よろしければご登録(無料)いただけたら光栄です。

また、ご感想やコメントなどをLINEでいただけるととても嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


…ブログ最新記事へ戻る…


●心理カウンセリングを受けることをお考えの方はこちら●心理学を学ぶ。交流分析の資格取得をお考えの方はこちら

研修・講座のご用命はこちら

メルマガ登録、無料!


心理カウンセラー島幸樹の
心がスーッと楽になるメルマガ
不定期でお届けいたします。
→どうぞこちらからご登録ください。

●過去のメルマガ記事は【こちら】に保管しております。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

Twitterしています

お問い合わせ・ご相談はこちら


お電話でも受け付けております。

090-1146-4335

あなたは時間をどんなふうに使う人間でありたいのか

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。