研修、教育。心理学を使った講座なら。TAカレッジ奈良王寺校。

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

2019/07/31 自己肯定感。どうすれば上がっていくのかな

 

今日は夏休みだから自由研究の「言霊実験」の話から、子ども、人の自己肯定感の話をしています。

 

図表1 自分自身に満足している

日本って諸外国と比べて自己肯定感がかなり低いんですよね。

「自分自身に満足している」という回答にYesと答えた割合が他国と比べてかなり低いという調査があります。
特集 今を生きる若者の意識~国際比較からみえてくるもの 内閣府HP)
https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/h26gaiyou/tokushu.html

たとえば自分の意見とか感じていること、考えがあっても、それをあんまり言わないのは、日本人の謙虚な姿勢としては美徳なのかもしれないけど、けど、それがすべてではありません。

もし自分に自信がなくて、「どうせ言っても聞いてもらえない」とか「自分なんかが出るところじゃない」とかって自己肯定感の低さから来ている行動だとしたら、それが我慢になってしまっているとしたら、それは違うんじゃないかなと私は思います。

自己肯定感の低い子が、他の人に自分の行動までゆだねてしまっている様子って、はたから見たら、上にも書いたように謙虚にうつることもあるし、優しさにうつったりすることもあります。

でもそれ、謙虚じゃないかもしれません、優しさじゃないかもしれません。
なのにそれを「謙虚な子だね」とか「優しい子だね」とかって周りが受け取ってしまうと、その子の自己肯定感の低さをますます助長してしまうんじゃないだろうか、と私なら考えます。

「そこはちゃんとはっきりと感じたことを表現した方がいいね」
「あなたはどう感じたの?」
「あなたはどう思うの?」
「あなたはどうしたいの?」

今回のラジオの収録で私はそんなことを考えていました。
ありがとうございます。ラジオを聞いてぜひ楽しんでくださいませ。

※ラジオの再生はプレイヤー(再生ボタン)を押してください。
このフォームへはご感想やリクエストなどをお寄せいただけますと嬉しいです。お寄せくださったメッセージは番組で紹介させていただくことがございます。




HTCの主なコンテンツ

 

Twitterしています

配信動画・映像講座など

お問い合わせ・ご相談はこちら


お電話でも受け付けております。

090-1146-4335

2019/07/31 自己肯定感。どうすれば上がっていくのかな

読むのにかかる時間の目安 <1 min