奈良・大阪/教育・心のご相談、心理カウンセリングを受ける、心理学を学ぶ方へ

menu

心がスーッと楽になる!Heart Trust Communication

突っつきあいをやめて、お互いの価値を認め合うこと

昨日の起業家のための心理学勉強会では、マーガレット・ヘファナンさんのTEDでの講演を見ていただきました。
他にも、「何で一番になるか」「誰と付き合うか」などお話したいことがたくさんあったので、動画は全部ではなく端折りながら見ていただきました。

こちらです。
タイトルは「職場の順位制をやめよう」と日本語に訳されています。
この順位制ですが、講演では英語でpecking orderと表現されています。
pecking orderというのは調べたら鳥のつつきあいのことだそうです。鳥社会では上位のものが下位のものをつつき合う行動が見られるとのことでした。

この講演でもはじめ、ニワトリの生産性の実験の話がされています。
超一流のスーパースター(スーパーチキンと表現されています)ばかりが集まった集団の中では、強いものが弱いものをつついて殺してしまうとのこと。

人も同じかもしれません。
スーパーチキンになることを目指して教育されてきました。
でも、その方式ではもううまくいきません。

大切なことは、助け合うことです。
誰が上で、誰が下でということではなく、皆で話し合うことです。

「こんなこと、この場で言っちゃうのは変だからやめておこう」
多くの人たちが心の中でそう思っていたり、もう文化としてそれが当然となってしまっていると、新しいアイデアは浮かびません。

リーダーもまた、自分が求める答え以外のものが自分以外のところからやってくることを恐れず、むしろ歓迎する態度でありたいと思うのです。
リーダーというのは、周りの誰の声も聞かず、孤独に考えぬき、誰も思いつかないような最強の決断ができる人間のことではありません。
そうではなくて、メンバー全員の声に耳を傾け、彼らの能力や価値を見出して引き出せる人なのではないでしょうか。

話し合いが全会一致になる方が不自然なわけで、みんながそれぞれの観点で発言ができる場であれば、そう簡単にまとまらないかもしれない。でも、その方がアイデアはより前向きで明るい方向へより育っていくに違いありません。

見るからにつつき合って殺し合っているようなことはもちろんないにしても、心の中に相手の人間性を突っついてディスカウント(値引き)していることがないか、常に自分のマインド状態をチェックしながら人と関わっていたいと思います。

起業家心理学勉強会のメンバーは一人ひとり素敵な能力と、こだわりのスキルを持った方々ばかりです。
この方々と時間を共有し合えることで、この勉強会自体も、メンバーどうしも、さらに良いものになってきている実感があります。

みんなで高め合いたいと考えているのです。
人は日々進化し成長し適応へと向かっています。
1年後、3年後、5年後、10年後・・・想像するだけでワクワクです。

マーガレットヘファナン氏の講演は最後、このような言葉でしめられていました。

Now we need everybody, because it is only when we accept that everybody has value that we will liberate the energy and imagination and momentum we need to create the best beyond measure.  Thank you.

(全ての人が必要なのです 全ての人の価値を認めて初めて 並外れて優れたものを 創り出すために必要な 活力と想像力と推進力を 発揮できるのですから)

 

ありがとうございました。

起業家の勉強会、次回からの日程もすべてアップいたしました。1回のみのご参加から可能です。どうぞお越しください。

起業家のための心理学勉強会

 

HTCの主なコンテンツ

 

Twitterしています

配信動画・映像講座など

お問い合わせ・ご相談はこちら


お電話でも受け付けております。

090-1146-4335

突っつきあいをやめて、お互いの価値を認め合うこと

読むのにかかる時間の目安 <1 min