心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

愛とは想像力だと思う件について(voice)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分がされて嫌なことは他の人にしてはいけません」
と子どもの頃は教えられたけど、本当にそうでしょうか。

自分がされて嫌なことが、他の人もされて嫌なことかどうかはわかりません。
逆に、自分がされても別に気にもならないことでも、他の人の中にはされて傷つく人もいるかと思うのです。
だから自分がされて嫌なことは他の人にしてはいけないのではなくて、本当は「その人がされたら嫌なことを想像する」ということの方がもっと大切なんじゃないかと私は思います。

 愛とは、想像力だと思います。
「これを言うと相手はどう思うだろう」
「こういう態度を示すと相手はどう感じるだろう」
人はみんな主体が自分だから、自分だったらどう思う、自分だったらこう感じるというのは当然わかるのですが、「もしあなただったら」、「もしあの人だったら」を普段から考えているわけではありません。

でもその人のことを知っていくうちに「その人だったら」、「その人の人格だったら」を想像していけるようになるのではないでしょうか。

とはいえ自分とその人は違う人間。
さあ、どれくらいその人の立場になることができるのかな。
ここが想像力の試されるところです。
その想像力こそが愛なのだと思います。

自分だったらこうだけど
あなただったらきっと……
あの人だったらそりゃあもう……
その人だったらもしかすると……

愛は想像力だと思う件について
これは昨年末に書いた同タイトルの記事内容を、ボイスブログでもお話したものです。
ボイスブログもどうぞよろしくお願いいたします。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」を配信しております。

メルマガからもお伝えしたいことをお届けしておりますので、よろしければご登録(無料)いただけたら光栄です。


また、ご感想やコメントなどをLINEでいただけるととても嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください

●心理カウンセリングを受けることをお考えの方はこちら●心理学を学ぶ。交流分析の資格取得をお考えの方はこちら

研修・講座のご用命は【こちら

メルマガ登録、無料!


心理カウンセラー島幸樹の
心がスーッと楽になるメルマガ
不定期でお届けいたします。
→どうぞこちらからご登録ください。

●過去のメルマガ記事は【こちら】から数件のみ一覧表示しております。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お問い合わせ・ご相談はこちら


お電話でも受け付けております。

090-1146-4335

愛とは想像力だと思う件について(voice)

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。