心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

実際の時間と心の時間 3

2020年4月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもありがとうございます。
心理カウンセラーの島幸樹です。

前回までの続きです。
>実際の時間と心の時間 1
>実際の時間と心の時間 2

人は一人では生きていけませんし、その後の仕事の安定にせよ、幸せな生活をおくる手段にしても、いかにこの雑談の時間を素敵にすごすかにかかっています。

先行きの見えない不安。
外出自粛、禁止の指示が出ている今。
わたしたちが最も有効的に、今こそチャンスとでも言うかのように、最も近くにいる存在の時間を大切にしてほしいと思っています。

上に挙げた「引きこもり」の時間はエネルギーチャージにもちろん必要な時間のすごし方ですが、そこから私たちは他者とのコミュニケーションの時間へつなげていきます。
近所に散歩に行くのもいいでしょう、ボードゲームや自宅での映画鑑賞。

こんな今だからこそ、特に「コミュニケーションの時間」を意識的に増やすようにしましょう。

♪活動

今これを読みながらも、「あ、お客様にメール送っておかなきゃ」と思い出したとすればそれが活動の時間です。仕事の時間ともいいます。
けれど文字通りの仕事とは限らず、資格試験の勉強に熱を入れる時間かもしれません。
上の雑談の時間とのちがいは、活動の時間には生産性があります。お金になるかもしれないし、うまくいけばお金じゃなくても何らかの報酬があります。うまくいかなかったら罰があるかもしれません。

そしてこの活動の時間をいかに効率よく、また持続できるのかということは、やっぱり上の雑談の時間の使い方によって決まってきます。

雑談の時間をおろそかにして活動に走ってしまうと、頭が空回りしてミスが増えたり、効率の悪い活動になってしまいがちです。
心の中の「子ども」の声、存在を押さえつけてしまうと、私たちの生活はうまくいかないのです。

♪親密

上の4つの心の時間のすごし方がスムーズであれば、皆さんの心身は安定するし、また皆さんの大切な人との関係性はさらに親密でつながりの深いものになります。

雑談でお互いに心を開き合えて、活動の時間を前向きに過ごすことができた私たちは、共にこれから先のこと、今一番大切なことについて深く、魂のレベルで通じ合うことができます。
お互いにお互いの持っているものを心から分かちあうことができる精神の時間です。
もしかしたら言い合いや喧嘩になることがあるかもしれませんが、お互いに心を開き合ったものであればそれもまた大切な関わり合いです。

 親密な時間の中では、雑談のところで書いた「コミュニケーション」よりもさらに一歩進んだコミュニケーションの時間を私たちはすごすことができます。

コミュニケーションというのは英語では「意思疎通」という意味ですが、語源はラテン語で「コムニカチオ」です。
これには「分かち合う」という意味があります。

お読みいただき、ありがとうございます。

ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」をお届けしております

メルマガでは心に関するお話、お役立ち情報をメールでお届けいたしてますので、ぜひよろしければご登録(無料)ください

【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください

メルマガ、ご登録無料です

心理カウンセラー島幸樹の
「心がスーッと楽になるメルマガ」
不定期でお届けいたします。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お電話での受付

090-1146-4335
(電話受付時間:10:00~20:00)

◆電話番号はご相談者の方・お問い合わせの方専用の番号です。営業目的のお電話はどうぞご遠慮願います。
◆カウンセリング中などで電話に出られない場合がありますので、恐れ入りますがその際には留守電にお名前と連絡先をお願いいただくかメールにてお問い合わせください。こちらから折り返しご連絡いたします。留守電がない番号通知のみのお電話の場合、こちらから折り返しは致しませんことご容赦ください。

実際の時間と心の時間 3

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。