心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

わたしは、わたしの かなしみを、こらえて いかなきゃ ならない。

2019年5月9日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

でんでんむしのかなしみ、という新美南吉さんのお話があります。
「ごんぎつね」の新実南吉さんですね。

ごんぎつねも考えさせられるけど、この「でんでんむしのかなしみ」もまたしんみりと感じ入るところがあります。
とても素敵なお話です。

ある日、でんでんむしは自分の背中の殻の中に悲しみがたくさん詰まっていることに気がつきます。
それで、これはマズイと思っていろんな仲間に相談するんですね。
そうすると、なんと皆も同じように背中に悲しみを負って生きている。
そうか、自分だけじゃなかったのか。
と、そんなお話。

そう。
私もこれは素敵なお話だと感動しましたし、仏教的?なお話だなって思いました。
悲しみというのは誰もが持っていて、生きている限りそれを負いながら生きている。

で、こんなものを背中に抱えていたらダメなんじゃないか!? やばいことなのではないか! 生きていけないんじゃないか!
とでんでんむしは不安になるわけだけど、いや、そんなはずはないと私も思うのです。
みんな楽しいことやワクワクすること、前向きな気持ちと強い心だけを持っているわけじゃない。

ポジティブな気持ちをしっかりと持って生きていくんだ、とか。
ネガティブな感情や思考も見方、とらえ方をプラスなことに変えていくんだ。
とか、そういうポジティブ絶対主義のような考え方が最近聞こえたりすることもあるけれど、そんなものでもないと私は考えます。

人はネガティブな感情も持っています。
マイナスなことも考えるし、感じるんです。
そして、そこには必ず意味がある。
悲しみという感情も、必ずそれは何か特別な意味があります。

だから、ああ、自分はこんなつらさを抱えているんだな。
こんな嫌な気持ちを持っているんだな。
こんな悲しみが心にずっとあるんだな。
こんなネガティブな自分がいるんだな。

それを吐き出せる場所は必要だと思うし、自分自身のその感情の気づきは大事なことって思うのです。

心の中にある感情は、喜びやワクワクだけじゃない。
悲しみも怒りもある。
喜怒哀楽っていうけれど、ほんとのところはその4つだけでもない、
もっとたくさんの感情があって、どの感情も必要な時に必要な分だけスポットライトを浴びる時間があっていいはずです。

そんなことを考えました。

でも、
冒頭に挙げた「でんでんむしのかなしみ」の最後の方の一文。

わたしは、わたしの かなしみを、こらえて いかなきゃ ならない
「でんでんむしのかなしみ」 新美南吉

それをこらえるという表現にしたところが、いかにも日本人らしいなぁと私は思いました。
だけど、こらえていなかきゃならないわけでもないんじゃないかな……とも私は思いました。

お読みいただき、ありがとうございます。

ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」をお届けしております

メルマガでは心に関するお話、お役立ち情報をメールでお届けいたしてますので、ぜひよろしければご登録(無料)ください

【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください

メルマガ、ご登録無料です

心理カウンセラー島幸樹の
「心がスーッと楽になるメルマガ」
不定期でお届けいたします。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お電話での受付

090-1146-4335
(電話受付時間:10:00~20:00)

◆電話番号はご相談者の方・お問い合わせの方専用の番号です。営業目的のお電話はどうぞご遠慮願います。
◆カウンセリング中などで電話に出られない場合がありますので、恐れ入りますがその際には留守電にお名前と連絡先をお願いいただくかメールにてお問い合わせください。こちらから折り返しご連絡いたします。留守電がない番号通知のみのお電話の場合、こちらから折り返しは致しませんことご容赦ください。

わたしは、わたしの かなしみを、こらえて いかなきゃ ならない。

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。