心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

そこにずっといたままでいいの?(集団の心理)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は、「心がスーッと楽になるメルマガ」2020年1月28日配信号の一部抜粋です。

職場とかサークル、有志で作ったグループ。
自分の居場所があるって素敵なことです。

だけど、ある仲間集団に属しきってしまうと、そのコミュニティー内で共有している価値観が、そっくりそのまま自分自身の夢とか方向性であるかのような錯覚をしてしまうことがあります。

みんなが大切にしていることが、まるで自分自身も大切にしていることだったかのように。

それは本当の自分……?

本当に自分がやりたかったことと少しずつズレていることに気がつかないうちに、そのズレはだんだん大きいものになっていて、いつか「あれ?わたし、本当はこんなことしたかったわけじゃないのに!」って。

どのコミュニティーに属しているときも、自分の大切にしているものを大切にしたいと思います。

それがコミュニティーのそれとちがっていたとしても、自分のそれを見失うことのないようでありたいですね。

群衆心理といいますか集団心理の観点から言えば、人は集団の中に入ると、思考停止状態になり、自分の信念や考えをかえりみなくなる傾向があります。
人は社会性を身につけた生き物です。
ひとりでは生きていけません。
そういう群集心理が無意識に働くことも無理はありません。

嫌われたくないし、のけ者にされたくはない。

でもAというコミュニティーの中の自分でありながら、その中の自分だけが自分ではない。

どう見られても、どう思われても言い切れる
「わたしらしい」生き方(在り方)があるとすれば、○○さんにとってそれはどんなものでしょうか?

お読みいただき、ありがとうございます。

ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」を配信しております。

メルマガからもお伝えしたいことをお届けしておりますので、よろしければご登録(無料)いただけたら光栄です。


また、ご感想やコメントなどをLINEでいただけるととても嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください

●心理カウンセリングを受けることをお考えの方はこちら●心理学を学ぶ。交流分析の資格取得をお考えの方はこちら

研修・講座のご用命は【こちら

メルマガ登録、無料!


心理カウンセラー島幸樹の
心がスーッと楽になるメルマガ
不定期でお届けいたします。
→どうぞこちらからご登録ください。

●過去のメルマガ記事は【こちら】から数件のみ一覧表示しております。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お問い合わせ・ご相談はこちら


お電話でも受け付けております。

090-1146-4335

そこにずっといたままでいいの?(集団の心理)

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。