心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

嫌なら避ける。立ち向かわない勇気を持つこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これを読んでくださっている皆さんはどうでしょうか。
ある人たちは、嫌な時間とか面倒な人間関係、耳障りの悪い話し合いとか窮屈な思いのする場でも、がんばってそこへ関わろうとします。

「逃げてはいけない」

「乗り越えなくっちゃいけない」

「がんばらないと」

そうして、一生懸命になるがあまり、かえって空回りして、自分らしいパフォーマンスができず、しんどい思いをしてしまうのです。

誰かにそうしなさいと言われたわけでなくても、気がつけばいつも修行みたいに苦しい体験を繰り返し、誰かにそうしなさいと言われたわけでなくても、誰かのために生きているかのように、無理しています。

晴れた日に外へ出ればいい。
なのに雨の日を選んで傘を差さず飛び出していくように。

今日もその人は、そこへ立ち向かおうとする。

人間関係いろいろあるから、そうするしかないという思い込み。
実は、そうしなくてもいいかもしれない。
そうしなくても何とかなることなのかもしれない。

嫌なら避けてもいい。
立ち向かうことをやめる勇気。

新しい映像メッセージをアップいたしました。
ぜひご覧ください。

ストレスの原因とどう付き合うか、関わっていけばいいか、つまりそのストレス対処のことをストレスコーピングといいます。
心理カウンセリングではそのストレスコーピングについて一緒に話し合うし、心理学の講座でもそれについてお話をするんです。

ストレス状態を招く元になる物や人などの外圧のことをストレッサーといいます。
そのストレッサーに対する認知(とらえ方)を変えるといった方法を考えたり、ストレス状態からどうやって抜け出せばいいかストレス解消法をお伝えしたりすることがカウンセリングです。

でもそもそも、もしも可能なのであれば、そのストレッサーに関わらないようにする、つまり避けるとか逃げるとかして、ストレスを体験しないようにすることもできるのかもしれません。

だけど、いや、それは「できないんだ」と言い張る人がいます。

そう、できない理由があるんです。
頑張らないといけないと思っていたり、立ち向かうことこそが正解であるとどこかでかたくなに信じているところがあります。

「逃げてはいけない」

 そう、目の前の課題を

「乗り越えなくっちゃいけない」

 いつか実を結ぶから

「がんばらないと」

 そう言われ続けてきたかもしれない
 
 でも……。

 そうだ、今いったん立ち向かうことをやめてみよう。
 立ち向かうことをやめる勇気を持ってみよう。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」を配信しております。

メルマガからもお伝えしたいことをお届けしておりますので、よろしければご登録(無料)いただけたら光栄です。


また、ご感想やコメントなどをLINEでいただけるととても嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください

●心理カウンセリングを受けることをお考えの方はこちら●心理学を学ぶ。交流分析の資格取得をお考えの方はこちら

研修・講座のご用命は【こちら

メルマガ登録、無料!


心理カウンセラー島幸樹の
心がスーッと楽になるメルマガ
不定期でお届けいたします。
→どうぞこちらからご登録ください。

●過去のメルマガ記事は【こちら】から数件のみ一覧表示しております。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お問い合わせ・ご相談はこちら


お電話でも受け付けております。

090-1146-4335

嫌なら避ける。立ち向かわない勇気を持つこと。

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。