心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

どうして枠を書いてもらうのか/描画テスト・心理カウンセリング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理学の講座をするときもそうですが、特にカウンセリングの時間中にカウンセラーがクライアントに対して大切にしていることを挙げるとすれば、それは、許可保護ではないかと考えます。

これまでの人生の良い部分だけでなく、あんまり見たくない部分もカウンセリングの中では見てしまう(見なくてはいけない)ことが出てくる場合があるでしょう。

心理学というのは自分自身の心に矢印を向けることから始まるので、これまでの人生の中で体験してきたことをいろいろと今ここで再体験します。
ここでいう体験というのは「どこどこへ行きました」「なになにをしました」という出来事や行動面だけの話ではなくて、何かを感じたということ、何かを思った・考えたということなどすべてです。

それを必要であれば今ここで再体験することがカウンセリングの時間。
もちろん、心理学について何か学ぶセミナーとか勉強会の時間にもその再体験の要素は十分にあるということは、私のセミナーや勉強会に参加してくださったことがある方なら、なんとなくの感覚として理解してくださるかと思います。

ところがそうした再体験をする過程の中で、つらくて逃げたくなったり、抵抗(反発)したくなることがあります。
葛藤したり抑圧したり否定したり合理化したり。
身体の反応も合わさって、この時間が苦痛となることがあります。

そこでカウンセラーは、クライアント(受講生)さんに対して許可と保護を、優しくというかさりげなくというか、当たり前のようにベースの部分で与えていなればいけません。

つまり、そうやって過去の再体験を今ここでしてもいいということ。
そして、それをするあなたは今ここで守らているという保証。
これが許可と保護です。

だから私たちは、はじめにコントラクト(社会的、心理的契約)を結んで、共にゴールへ向かって進んでいこうという約束事をします。
内容や時間や場所を確認し合ったり、守秘義務について説明したりするのはそういう意図です。
こうしてはじめにを設定します。

この時間、この場所で、
わたしたちがお互いに確認し合った目標に向かっていくために、
あなたはあなたの感情、思考、行動を自由に開放してください。
そして、わたしはあなたの開放する感情、思考、行動に対し許可と保護を提供します。

枠には、そういう意味があります。

それは私の心理カウンセリング全般に共通しているものですし(上にも書いた通り心理学のセミナーや勉強会でも同じことなのですが)、これは描画テストをしてもらうときも同様です。

描画テストをしていただくときに、私ははじめに紙を枠で囲っていただいています。
行動レベルのこととして、そうした方がただ「真っ白な紙に自由に描いてください」と言われるより絵が書きやすいです。
額縁みたいになるので。
そこに理論的な意味を加えるとすれば、上に挙げたような意味があります。
許可と保護です。

そういえば、先日のアートセラピーのイベントでも絵を描いていただく前に趣旨の説明と枠線を書いてもらうことをしていただきました。
趣旨が心理カウンセリングではないので、許可とか保護とかはあんまり関係のないので触れていませんが、とはいえ、個人の無意識世界をこの紙の上に投影するわけだからまったく関係のないことでもないわけで、やはり許可と保護は必要なものだと私は思っていました。

「どうして枠を書いてもらうのか」
絵を描いていただくときに限らず、カウンセリング全般に思う見解でした。

Heart Trust Communicationの心理カウンセリングページはこちらからご覧いただけます。
ご自身のこれからの生き方、大切な誰かとの関わり方を考えるために。
どうぞ一度お話にいらしてください。
遠方の方へはオンラインでも受付しております。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」を配信しております。

メルマガからもお伝えしたいことをお届けしておりますので、よろしければご登録(無料)いただけたら光栄です。


また、ご感想やコメントなどをLINEでいただけるととても嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください

●心理カウンセリングを受けることをお考えの方はこちら●心理学を学ぶ。交流分析の資格取得をお考えの方はこちら

研修・講座のご用命は【こちら

メルマガ登録、無料!


心理カウンセラー島幸樹の
心がスーッと楽になるメルマガ
不定期でお届けいたします。
→どうぞこちらからご登録ください。

●過去のメルマガ記事は【こちら】から数件のみ一覧表示しております。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お問い合わせ・ご相談はこちら


お電話でも受け付けております。

090-1146-4335

どうして枠を書いてもらうのか/描画テスト・心理カウンセリング

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。