心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

相手をどうしたいのか ではなくて、 自分がどうありたいのか

2019年7月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 価値観とか感じ方とか行動パターンとかが自分と違う人の話を聞かせて頂くことがあります。
 それってものすごく面白いです。
 人はそれぞれ違うってことを、まさに今この場で実感できる面白さ。

 相互尊重という言葉が僕は好きです。

 お互いに価値観や感じ方や行動パターンが同じだと、やっぱりそれは嬉しいと思います。
 だけど、違っていてもそれは素敵なことであって、違っている人間どうしが今ここで一緒にいてることって面白いことです。

 自分の言いたいことの中身が、相手の言いたいことの中身と違う。
 どう違うのか、何が違うのか、どのくらい違ってて、なぜそうなのか。
 そのことに僕は興味があるから、その人の話をどんどん聴きたくなります。
 それは自分のものとは違っているとしても、自分のものを譲歩して相手を立てる必要はないし、かといって相手のものをジャッジする必要もない。
 ただ、それぞれ違うものを持っているという面白さ。

 その違いとどう関わるのか。
 どう関わっていくのか。
 もちろん関わらないという行動も選択の1つとして。

 僕たちはあらゆる選択肢を持っています。
 相手とかその相手の価値観や感じ方や行動パターンにどう関わるのか、あるいは関わらないのか。

 価値観や感じ方や行動パターンの違う相手を責めたり、こっちへ引きずり込んだり、それはできません。
 相手には相手の人格があります。
 できることは、自分がどう関わっていくのか。
 それは、自分がどうありたいのか。
 そこに行き着きます。

 自分がどうありたいのかを知っていれば、自分がどう関わっていくのかがわかってきます。
 相手をどうしたいのか、ではなく、自分がどうありたいのか。

 お互いの価値観や感じ方や行動パターンを尊重し合える関係性。
 相互尊重という言葉が僕は好きです。

お読みいただき、ありがとうございます。

ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」をお届けしております

メルマガでは心に関するお話、お役立ち情報をメールでお届けいたしてますので、ぜひよろしければご登録(無料)ください

【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください

メルマガ、ご登録無料です

心理カウンセラー島幸樹の
「心がスーッと楽になるメルマガ」
不定期でお届けいたします。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お電話での受付

090-1146-4335
(電話受付時間:10:00~20:00)

◆電話番号はご相談者の方・お問い合わせの方専用の番号です。営業目的のお電話はどうぞご遠慮願います。
◆カウンセリング中などで電話に出られない場合がありますので、恐れ入りますがその際には留守電にお名前と連絡先をお願いいただくかメールにてお問い合わせください。こちらから折り返しご連絡いたします。留守電がない番号通知のみのお電話の場合、こちらから折り返しは致しませんことご容赦ください。

相手をどうしたいのか ではなくて、 自分がどうありたいのか

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。