HSP 不登校 対人関係/カウンセリングを受ける、学ぶ

menu

心がスーッと楽になるHeart Trust Communication

私だって犯罪者になる説

2021年5月8日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ありがとうございます。
心理カウンセラーの島幸樹です。


ニュースはコロナ関連のものばかりなのですが
全部がそうかというと当然そんなはずはなく、

先日は、
ある家庭に不法侵入し、
その家の夫妻を殺害した罪で逮捕された人のニュースがやっていました。

そういうニュースを見ているとゾッとします。

ゾッとさせるような演出でニュース番組もそれを伝えてくるし、事実、犯人の動機にせよ手口にせよ悪質で残酷です。

この人に一体何があったんだろう。
どうしてそんなことをしたんだろう……。
というのも思うのだけれど

「なんて奴だ、人間としてどうかと思う」
「ふつうの人ならこういうこと考えるはずもない」
とまでは思えない自分がいます。

私がニュースを見てゾッとする理由はそこにもあります。

犯罪は良くないし
世間の犯罪者は確かに悪質だったり残酷だったりするけれど、

そういう行為をすることは
「絶対に」「絶対に」「絶対に」
自分にはありえない、
と本当に言い切れるんだろうか……

と、
実は内心、心の中で、ふと考えてしまうことがあります。
実は脳裏に、頭の中で、俊足でグルっと巡ることがあります。

だって時代とか国とか文化とかが変われば
人間はけっこうひどいことをしているし
妄想の中でけっこうひどいことをしていることだってあるかもしれません。

つまり、
罪を犯すような人は
別次元を生きる
自分とは違う特別で特殊な変わった人間だというのではなくて、

だれでも、
私自身も
いつ悪質で残酷でひどい罪を犯す側に回るかわからない。
その可能性はあるのではないかと。

ニュースを見ながら
そんなことを思ったりします。

そんなとき
アメリカの社会学者で
ハーシという人が提唱した
【社会的絆理論】というものを知って、
「なるほどな!」
と思いました。

この理論では
「人はどうして罪を犯すのか」ではなくて
「人はどうして罪を犯さないのか」というところがスタート地点です。
犯罪だけでなくて、非行もそうですね。

ハーシによると、
個人が社会に対して、
次の4つの絆でつながれている限り犯罪行為を起こしたり、非行に走ったりしない、

つまり、
次の4つの絆が切れたとき
犯罪行為や非行が起きてしまうと考えました。
社会的絆は英語ではsocial bond。
絆はボンドですね。

その4つというのが

1.Attachment(愛着)
2.Commitment(投資)
3.Involvement(巻き込み)
4.Belief(信念)

1のAttachment、愛着というのは、
その個人にとっての大切な人
たとえば家族とか友だち、
その人たちに対する愛情だったり
尊敬の気持ちだったりを指します。
「わたしにとっての社会」(家族とか仲間とか)に対して個人が抱く絆(ボンド)ですね。

2のCommitment、投資は、
自分がそれまでの人生で
築き上げてきたものをいいます。
仕事をがんばってきて
積み上げてきたキャリアや資格。
それらは自分が社会に対して
繋がっていた絆(ボンド)です。
今まで手に入れてきたものを犯罪や非行によって失ってしまうと思うと、その行為は確かにできません。

3のInvolvement、巻き込み
毎日職場に行ったり学校に行ったり、
頼まれていた仕事を家でやらなきゃいけなかったり、
こういうのはある意味、日々、
社会に巻き込まれて生活している
(もちろんネガティブな意味ではなく)といえます。
社会からの要請かもしれないし、
慣習かもしれないけど、
何にせよこうして個人は社会に対して絆(ボンド)を持って過ごしているということです。

4のBelief、信念は、
道徳やルール、法律、決まり事、
こういうものを
「守っていかなければ」と考えていたり
「大事なことだ」と信じていたりすること。

これらの4つの絆をその個人が抱いている限り、
犯罪も非行も犯さないのでは?
というのが社会的絆理論です。

こうして見ると
上にも書きましたが、
犯罪や非行に走る人は
もちろんそれは良くないことではあるのですが
別次元を生きている
特別で特殊な変わった人間というのではないです。

人間、
だれでもなりうる可能性はあります。

人間は社会的な生き物ですから、
社会とどう関わるか、
あるいは
どう関わっていないかによって
どうとでもなりうると私は思います。

久しぶりに書いた今日のブログは
社会的絆理論
どうして人は犯罪行為を起こさないのかについて書きました。

メルマガも良かったらぜひ登録してみてくださいね。

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございます。

心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」
では読んでくださる皆さんの心に届き、読むだけで気持ちがスッキリする心理学、もっと素敵に生きられる心理学をメールマガジンにてお届けしています。

どうぞご登録ください(無料)。お待ちしています。

→心がスーッと楽になるメルマガの購読申し込みはこちら
心理カウンセラー・講師 島幸樹(しまさちき)
Heart Trust Communication 代表。
カウンセリングと心理学の学びをご提供し、自分らしい生き方を見つけるお手伝いをします。
専門は教育、発達心理学/カウンセリング心理学。学習塾の経営を経て、現在は講師・研修業と心理カウンセリングを行っています。
大阪生まれ。奈良在住。
さらに詳しい自己紹介はこちら。

HSP診断テストを受ける

●やってみる●

周りの人たちの心の動きに敏感で、不安になりすぎたり、生きづらさを感じることはありませんか?
一度おためしください。
アメリカの心理学者エレイン・N・アーロンによる繊細さの自己診断テストを用いています。

心理学を学ぶ、資格取得

研修・セミナーのご依頼

●法人、事業主様向け●
研修・セミナーのご用命はこちらから


YouTube

アーカイブ

2021年9月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

お電話での受付

090-1146-4335

(電話受付時間:10:00~20:00)

◆電話番号はご相談者の方・お問い合わせの方専用の番号です。営業目的のお電話はどうぞご遠慮願います。
◆カウンセリング中などで電話に出られない場合がありますので、恐れ入りますがその際には留守電にお名前と連絡先をお願いいただくかメールにてお問い合わせください。こちらから折り返しご連絡いたします。留守電がない番号通知のみのお電話の場合、こちらから折り返しは致しませんことご容赦ください。

私だって犯罪者になる説

読むのにかかる時間の目安 <1 min