HSP 不登校 対人関係/カウンセリングを受ける、学ぶ

menu

心がスーッと楽になるHeart Trust Communication

無理やりがんばってポジティブ

2020年12月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ありがとうございます。
心理カウンセラーの島幸樹です。


リフレーミングというのは
起きている問題とか悩み、苦しみに対して
見方、考え方を変えて
つまり掛けている眼鏡を変えて
とらえなおすことをいいます。

外へ出て遊びに行こうと思ったら
雨が降ってきました。
あー、残念。。。
いや、でも大丈夫。
これは家にいて本を読んだり
手帳の整理をする絶好の機会を神様がプレゼントしてくれたっていうこと。
そうだAmazonプライムビデオも見れるし。
ラッキー!!
うん……
ラ…ッ…キー・・・。

かといって、今お読みいただいている皆様、
無理やり頑張って
ポジティブにリフレーミングして
元気になろうとしなくてもいい……
と私は考えています。

心の底からそれで気持ちよくなれるならいいけれど。

家から出ようと思ったら雨。
外で遊ぼうと思っていたのに。
残念、つらい、なんて日だ。
そんな気持ちにずっとひたる一日があっても良いじゃないかと思うのです。

ブツブツ…
ブツブツ…イライラ・・・モヤモヤ・・・。

ネガティブは良くないとか
ポジティブに生きるべきだとか
そのこと自体
たぶんだれか偉い人がはじめに言い出したことを
従順にうなずいて
あたかもそれが世の中の真理のように
私たちが洗脳されたものにすぎないのかもしれません。

何かつらいことがあったら
「いつまでもクヨクヨしていたらダメだ」
と私たちはいつか教えこまれてきました。

だけどネガティブそのものにも意味はあるから
もっと自然にネガティブを体感し
もっと自然にネガティブと対話し
もっと自然にネガティブが薄れていくなら
それもそれでよいのではないかと。

悲しいときはシクシク(4×9)泣いて、36。
楽しいときはハハっ(8×8)と笑って、64。
両方合わせて100になる、
という話を聞いたことがあります。
これは悲しいことより楽しいことの方が多いよっていう話のようで、それもそうかもしれないけれど

いずれにしても
一人が生きる一度の人生の中で経験する
悲しいことと楽しいことの数はたぶんもうはじめからちょうど同じくらいに決まっているんじゃないでしょうか。

今とてもつらくても
それは今つらいときだというだけで
いつまでもつらいことなんかないと思います。
そんな不自然な話はありません。

そしてそのつらい、にはつらいの意味が必ず何かあって
リフレーミングというのは必ずしも明るくする方向に変えようということではなくて
つらいならつらいでいいから
そのつらさの中に何か意味があるはずです。

無理やり頑張って元気出そうとしなくても
そのつらいの意味が必ずあって
必要なら自然にそれにひたり
必要なら自然にそこから脱するでしょう?

「元気出さなきゃ」という無理な頑張りが
余計に私たちを苦しくさせるわけで
ネガティブなときにはおそらく
細胞レベルでネガティブの意味が何かあって
細胞たちが何か用事しているんでしょうね。

何の用事をしているんだろう。
……知らんけど。

アウシュビッツ強制収容所での自身の体験を
「夜と霧」という手記につづった精神科医のフランクル。

彼は人生にはどんなときにも意味があると残しています。
でもそれは今の状況を無理に頑張ってポジティブに変換せよという意図ではなかったと思います。

ただ、
収容所の生活に疲れ果てて倒れ伏したそのときに見えた夕陽を前に
「……この世界はなんて美しいんだ」
とつぶやいた囚人がいたといいます。

無理に頑張ってポジティブになろうとしなくても
夕陽は今日も沈むし
明日はまた来るし。

なるようになるし
なるようにしかならないし。

(参考動画)

ここまでお読みいただき、本当にありがとうございます。

心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」
では読んでくださる皆さんの心に届き、読むだけで気持ちがスッキリする心理学、もっと素敵に生きられる心理学をメールマガジンにてお届けしています。

どうぞご登録ください(無料)。お待ちしています。

心がスーッと楽になるメルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

心理カウンセラー・講師 島幸樹(しまさちき)
Heart Trust Communication 代表。
カウンセリングと心理学の学びをご提供し、自分らしい生き方を見つけるお手伝いをします。
専門は教育、発達心理学/カウンセリング心理学。学習塾の経営を経て、現在は講師・研修業と心理カウンセリングを行っています。
大阪生まれ。奈良在住。
さらに詳しい自己紹介はこちら。

HSP診断テストを受ける

●やってみる●

周りの人たちの心の動きに敏感で、不安になりすぎたり、生きづらさを感じることはありませんか?
一度おためしください。
アメリカの心理学者エレイン・N・アーロンによる繊細さの自己診断テストを用いています。

メルマガ書いています

読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
心理カウンセラー島幸樹の
「心がスーッと楽になるメルマガ」

心理学を学ぶ、資格取得

研修・セミナーのご依頼

YouTube

アーカイブ

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お電話での受付

090-1146-4335

(電話受付時間:10:00~20:00)

◆電話番号はご相談者の方・お問い合わせの方専用の番号です。営業目的のお電話はどうぞご遠慮願います。
◆カウンセリング中などで電話に出られない場合がありますので、恐れ入りますがその際には留守電にお名前と連絡先をお願いいただくかメールにてお問い合わせください。こちらから折り返しご連絡いたします。留守電がない番号通知のみのお電話の場合、こちらから折り返しは致しませんことご容赦ください。

無理やりがんばってポジティブ

読むのにかかる時間の目安 <1 min