心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

学力の3要素と、カウンセリングと、親が子の話を聴く力

2019年6月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ書くことが久しぶりです。日々の記録でもあるから、本当はもっとちゃんと書かないといけないんだけど、他のことをしていたらうっかり忘れてしまうのがブログを書くこと。反省反省。

先日、奈良県立・生駒高校さんのPTA総会でお話させていただく機会をいただきました。
生徒さんたちの礼儀正しく元気のある姿を見ました。
そして講演には本当にたくさんの(100名ぐらい)の保護者の方々が熱心に私の話を聞いてくださいました。
こんな素晴らしい学校でお話をすることができたことが私にとって大変光栄なことです。
本当にありがたい。

そして、そこでのお話では、2020年教育改革にちなんで、導入部分として学力の3要素についてお伝えいたしました。
学校さんの方からもおそらくそのようなお話はされているのだろうとは思ったのですが、これは学校教育に関係するのではなく、人間教育そして今回の講演のテーマである「生きる力~親ができる関わり方」に大きく関係があることだったので。

学力の3要素というのは、
1、十分な知識と技能
2、正解が一つではない問題点に対する思考力、判断力、そして表現力。
3、主体的に他者と協働して諸問題に取り組む態度。

大雑把にいうと、そんなところです。
今回の話では特にこの中で2や3についてだったのですが、親は子どもの話を十分に聴く必要があります。
そんなお話をいたしました。
親でなくとも大人や現在の社会から導かれる「正解」は正しいとは限りません。もちろんきちんと規範を示す態度は必要なのですが、そのことと新しい世代やユニークな人間の考えていること感じていること、そして行動を無視したり排除したりすることとは違います。

今目の前にいるその子、その人は、何を思い、何を感じ、何をしようとしているのかにしっかりと耳を傾ける姿勢が我々大人には必要だと、そんなお話でした。

教育畑といいますが、学習指導産業畑といいますか、そこからきている人間なので、心理学をお伝えするにもこのあたりの話をすることは好きなんですね。

一部ではありますが、そのときの動画を準備していますので、どうぞご覧くださいませ。

お読みいただき、ありがとうございます。

ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」をお届けしております

メルマガでは心に関するお話、お役立ち情報をメールでお届けいたしてますので、ぜひよろしければご登録(無料)ください

【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください

メルマガ、ご登録無料です

心理カウンセラー島幸樹の
「心がスーッと楽になるメルマガ」
不定期でお届けいたします。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お電話での受付

090-1146-4335
(電話受付時間:10:00~20:00)

◆電話番号はご相談者の方・お問い合わせの方専用の番号です。営業目的のお電話はどうぞご遠慮願います。
◆カウンセリング中などで電話に出られない場合がありますので、恐れ入りますがその際には留守電にお名前と連絡先をお願いいただくかメールにてお問い合わせください。こちらから折り返しご連絡いたします。留守電がない番号通知のみのお電話の場合、こちらから折り返しは致しませんことご容赦ください。

学力の3要素と、カウンセリングと、親が子の話を聴く力

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。