HSP 不登校 生きづらさ コミュニケーションなどの心理学を学ぶ

menu

心がスーッと楽になる心理カウンセリング・心理学講座│Heart Trust Communication

心の闇とか病とかの場合

2019年4月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心理カウンセリングについて思うこと。
クライアントさんが訴える「心の闇」の部分や、人によっては精神科医から診断された「心の病」のお話を聴くとき、それはとても自分には無関係なことだとは思えないということです。

例えばなのですが、自閉の方の特徴だったり、引きこもりの子がボソッと言葉にする中身だったりは、いわゆる正常とは言えないとしても、体の病気とちょっと違うところがあります。
体の病気であればその人の抱える問題が自分の中に少なくとも今は存在しないといえたりするけれど、心の場合は必ずしもそうとも言えないです。

クライアントさんのお話を聴きながら、その人が抱えている問題は、自分自身の中にも少なからず存在しています。

人の顔を見ると顔が赤くなってしまいます。
誰かに自分の心の中を読まれているような気がしてたまりません。
何か一つのことにこだわりすぎてしまいます。

度合いの問題なのかもしれない。
そういう点が自分にも自分以外の人にも多少あって、ただ、それが極端に強い傾向があるためにその人はしんどくなっていたり社会生活が困難だったりします。
感受性の問題なのかもしれない。
ある人がそれほど気にならないことが、ある人は過敏にとらえます。

例えばインフルエンザの菌が体内に侵入したら、そうじゃない人と違って彼は病気ということになるわけだけど、心の病気というものはそうじゃないです。
人はそれぞれ多かれ少なかれ、いろんな障害だったり困難だったりを抱えています。
それとどう向き合っていけばよいのか。
もしかしたら社会とか時代が違っていれば、状況はちがっていたかもしれません。
でも事実、今この社会の中で生きているし、今この社会の中で生きようとしているわけで。
さあ、どう向き合っていけばよいのか。

それを一生懸命に考える人がいて、それを誰かと一緒に考えていこうと思う人がいます。
心理カウンセラーがクライアントさんと共に時間を過ごすというのは、そういうことなんじゃないかというのが私なりのカウンセリングに対する思いです。

お読みいただき、ありがとうございます。

【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください
こちらのブログ以外に、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」をお届けいたしております。

心理学、カウンセリングのお話を直接お届けし、人間関係やご自身のことについてよりよく考えるきっかけをご提供いたします。そちらも読んでいただけるととてもうれしいです。登録無料です。
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

メルマガ書いています

不定期でお届けいたします。
心理カウンセラー島幸樹の
「心がスーッと楽になるメルマガ」

ご登録は無料です。
上の画像をクリックいただけると登録画面へ移動します。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お電話での受付

090-1146-4335

(電話受付時間:10:00~20:00)

◆電話番号はご相談者の方・お問い合わせの方専用の番号です。営業目的のお電話はどうぞご遠慮願います。
◆カウンセリング中などで電話に出られない場合がありますので、恐れ入りますがその際には留守電にお名前と連絡先をお願いいただくかメールにてお問い合わせください。こちらから折り返しご連絡いたします。留守電がない番号通知のみのお電話の場合、こちらから折り返しは致しませんことご容赦ください。

心の闇とか病とかの場合

読むのにかかる時間の目安 <1 min