心理カウンセリングを受ける・心理学を学ぶ

menu

奈良・大阪│Heart Trust Communication

信念と努力と100匹目のサルについて

2020年3月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮崎県に幸島というところがあって、この島には野生の猿がたくさんいます。

今日ご紹介するのはご存知の方も多いかもしれないけれど、超心理学、スピリチュアル、そんなところでよく話に挙がってくる「100匹目の猿」のお話です。
でも私が今日お伝えしたいことは、スピ系の内容ではありません。

動画でもお話していますので、読むよりも動画で見る方が好きな方はどうぞYouTubeを開いてくださいね。
YouTubeをご覧の方は、チャンネル登録をしていただけると見逃しがなく見ていただくことができるのでとても嬉しいです。

数をこなすということを大切にしています。
コツコツということが昔から好きな方です。

ブログを書くという作業ひとつとっても、だいたい2004年ころから書いていたのですが、読者さんってなかなか増えませんでした。
たとえばアメブロだと読者登録の機能があったけど、そんなに読者の数って増えないんですよね。
はじめのうちは。

でも、ある時を境にワーッと増えることがあります。
それはインフルエンサーに紹介されたり、ちょうどそのころ話題だったことを書いたときに多くの人の目に触れたり。
理由はいろいろですが。

集団心理としてそういうものがあるようです。
一人ずつ少しずつ増えていくというよりは、ある臨界点を超えたときに多くの人が集まるような話です。

小学校の担任の先生がクラスの子どもたちに向かって、
「トイレ行く人は今のうちに行っておきなさい」と言うと、最初あんまりみんな動かないんです。
でもトイレに行きたい人が一人、また一人……と立ち上がると、ある子どもが立ち上がったときをさかいにみんなゾロゾロと立ち上がります。
なんだ、トイレに行きたい人、多かったんじゃん…となるわけです。

でも、はじめに立ち上がる人はけっこう孤独なものです。
「あれ?みんなは自分とちがうんだな」と。
で、おかしなことに、
そんな少数の立ち上がった人や、がんばっている人のことに薄い目をしたり、嘲り笑うような人まで時々いることを見てしまった人もこの記事の読者さんの中にはいるかもしれません。

周りがどうであろうと関係がないですね。
自分が思っている信じていることであれば、それにしたがっていく方がいいですね。

周りのことなんて気にするなとまでは思いません。
気にすればいいし、正しい情報や世の中の評価は周りから事前につかんでおく方がいいです。
でもそれを気にしつつも、自分の意志とか考えは持っておきましょう。

どうしてそれをするのか。
ゴールはどこにあるのか。
何の意味があってそれをするのか。

答えを知っているのは、自分以外の誰でもないですからね。
他の人はそれを知りません。
知らないから、その人たちはその人たちのメガネで見たものを言っているだけです。
そのメガネは私の持っていないものだから、そこに映る世界のことを一応は参考にするんだけれど、最後まで自分とずっと一緒に寄り添っていくのは自分自身だけ。

数とか量を増やしていこう。

お読みいただき、ありがとうございます。

ブログのほかに、心理カウンセラー島幸樹の「心がスーッと楽になるメルマガ」をお届けしております

メルマガでは心に関するお話、お役立ち情報をメールでお届けいたしてますので、ぜひよろしければご登録(無料)ください

【執筆者】 心理カウンセラー 島 幸樹(しま さちき)
Heart Trust Communication 代表。対人関係・コミュニケーションのセミナーや研修、また、教育に関連するテーマの講座と心理カウンセリングを主に行っている。人間学、臨床心理学を大学で専攻し、卒業後は学習塾の講師、教室長、また経営に15年携わり、多くの子どもたち、保護者の方たちと関わる。2017年から心理カウンセラー、心理学講師として、子どもの不登校、ひきこもりの悩みを抱える親御様、また職場の人間関係等でメンタルヘルス不調を抱える方々へのカウンセリングを行っている。
⇒プロフィールをさらに読む

⇒島幸樹の執筆最新記事を読む場合は、こちらからお進みください

メルマガ、ご登録無料です

心理カウンセラー島幸樹の
「心がスーッと楽になるメルマガ」
不定期でお届けいたします。

研修・セミナーのご依頼

交流分析を学ぶ

配信動画・映像講座など

お電話での受付

090-1146-4335
(電話受付時間:10:00~20:00)

◆電話番号はご相談者の方・お問い合わせの方専用の番号です。営業目的のお電話はどうぞご遠慮願います。
◆カウンセリング中などで電話に出られない場合がありますので、恐れ入りますがその際には留守電にお名前と連絡先をお願いいただくかメールにてお問い合わせください。こちらから折り返しご連絡いたします。留守電がない番号通知のみのお電話の場合、こちらから折り返しは致しませんことご容赦ください。

信念と努力と100匹目のサルについて

読むのにかかる時間の目安 <1 min
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。