【天王寺・梅田・奈良、他】子育て・夫婦・職場での対人関係。お悩みのご相談、心理学を学ぶ方のためのWebサイト

menu

心理カウンセリング・心理学講座のHeart Trust Communication

今こうして心理カウンセラー、心理学の講師をしていますけど、これが子供のときから一貫した夢だったというわけではないです。

いつもありがとうございます。
気持ちがスーッと楽になる心理カウンセラー、島幸樹です。
この記事は、2015年の7月に書いたものを再投稿しています。

それでもやっぱり思うことは、将来の夢はある方がいいということです。
子供のときからの「将来の夢」は僕の場合、こんな感じでした。

(小学生1)小説家
4年生くらいのときかな、「物語をつくろう」という国語の課題があったんです。自分で好きに物語を作るんです。
ワクワクしました。今までそんなに使ったことがないくらい原稿用紙を何枚も使って、冒険ものを作りました。ドラゴンクエストみたいな話。それが担任の先生にメチャメチャほめられて。うれしかったなぁ。

(小学生2)作家
5年生のとき、今度はまた国語の授業で書いた詩を担任の先生がクラスで読み上げてくれたんです。
恥ずかしかったけど、先生もみんなもよく出来ていると言ってくれたので気持ちが舞い上がりました。
詩は小説より短くて楽で良いっていうのもなかったわけじゃないけれど、それ以上に「ああ、短い言葉で表現するって難しいけど面白い」って思ったんです。

文章を書くことが楽しくなってきて、書くことに興味があると読むことにも興味を持つようになりました。
たくさん本を読んでいると自分の好きな作家自身、その人間にあこがれるようになったんですね。
江戸川乱歩や星新一が好きでした。

(中学生)やっぱり作家
太宰治をいっぱい読むようになりました。
「この人は天才」と思っていました。乱歩や星新一は真似して書いていましたが、太宰は真似できません。でも時期も時期だったからか、自分自身を深く追求するくせのある子でした。ちょっと暗かったかも。

(高校生)将来の夢なし
この頃が一番何をしていたのかわからないようなときで、夢とかやりたいことをいろいろ模索していたときでした。

(浪人生)心理学の仕事
何をしていいかわからないまま1年浪人したんですが、ある先生から刺激を受けて、心理学に興味を持ちました。すごく持ちました。「これだ!!」って思いました。
人の心に関心を持ち、特に「人生の中で人は体だけでなくて心もいろんな成長をしていく」っていう発達心理学や教育心理学にとても感激しました。

(大学生)スクールカウンセラー
大学では臨床心理学を専攻していたんですが、心の成長の中で思春期・青年期に一番注目しました。大学1年生で塾講師や家庭教師のアルバイトをしながら、2年生や3年生ではその他子供とキャンプに行くボランティアや小学校で子供たちといっしょに勉強する活動をするようになりました。
臨床心理士を目指して大学院受験をしたのですが、不合格でした。

(大学卒業後)自分で塾を始めたい
それで、学生時代から続けていた学習塾に勤めて、その後教室担当者になりました。
教室長ですから、その業務もいくつかあったのですが、やっぱり授業が好きでいっぱい授業をしました。勤めていくうちに「自分の塾を作りたい」って思うようになりました。

いろいろと本やセミナーで勉強していくうちに、今もお世話になっている塾長先生方とお知り合いになり、たくさんのことを教えていただきました。

(開業5年目くらいから)
塾の子供達と接する中で、お母さんさんとの関わりが大切だと感じました。
というのも、お子さんは多くの時間と親御さんと接しています。
お母さんさんと子供たちがどういう環境の中で生活をしているのかは成績アップやお子さんの成長には大きく関係してきます。
それで、学生時代に熱を入れていた心理学に、ここでもう一度関心を持つようになりました。

学生のときは臨床心理学ですから、心の病を抱える方を対象にした心理学を勉強していました。
けれど世の中にはいろんな人がいて、健常な方へも心理学的なアプローチは大切で、塾講師として子供たちと接し、保護者さんたちとも接する自分はこの人たちに何が出来るだろうって考えるようになりました。
お子さんには勉強を指導しますが、お母さんたちにもコミュニケーション技法やコーチング的な関わりを学べる環境を僕はつくっていきたいと思いました。

そして改めて心理学を勉強し直し、NLP(実践心理学)、基礎心理カウンセラー、交流分析の資格を取得しました。

当たり前のことですが、一人の人間の人生ってずっとつながっているんです。
幼い頃の夢がそのまま将来の職になっている人もいますが、そうでない人もいます。
だけど、そうでない人も大人になってついた仕事は、子供の頃に経験したり感じたりしたことからつながっているんです。
将来の夢を持つということは、「自分はどんなことをしたいか」とか「どんなふうになりたいか」と考えるってことですから、それって大人になったときに就く仕事にものすごくフルに生かされてきます。
子供の頃からなりたかった仕事についている人も、そうでない人もそれは同じなんです。

将来の夢って大切だと僕は思います。

ありがとうございました。

学ぶ!HTCの心理学講座

今すぐのお問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でも受け付けております。
090-1146-4335