【天王寺・梅田・奈良、他】子育て・夫婦・職場での対人関係。お悩みのご相談、心理学を学ぶ方のためのWebサイト

menu

心理カウンセリング・心理学講座のHeart Trust Communication

いつもありがとうございます。
気持ちがスーッと楽になる心理カウンセラー島幸樹です。

「今ここ」を大切にする心理学に、ゲシュタルト療法というものがあります。
創始したのはドイツの精神科医フレデリック・パールズ。
そのパールズが「ゲシュタルトの祈り」という詩を残しています。

ゲシュタルトの祈り

私は私のために生きる。
あなたはあなたのために生きる。

私は、何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

私は、私。
あなたは、あなた。

でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

たとえ出会わなくても、それもまた素晴らしいことだ。

はじめて聞いたときには、
「なんか、ちょっと、冷たくない?」
と思ったものでした。

でも、そんなことないんですね。

「君はどうせ、出来ないだろう。黙ってわたしに任せなさい。やってあげるから」
相手の持つ能力や価値を過小評価することを、その人を「値引きする」という言い方をします。

「どうせアタシなんてダメダメだから。あなたの言う通りにするワ」
逆に、自分自身の持つ能力や価値を過小評価していたら、それは自分自身を値引きしているということになります。

だけど本当は、
わたしがこうして何か感じたり思ったり行動したりするように、あなたもあなたで何かを感じたり思ったり行動したりできる存在です。
また、あなたがこうして何かを感じたり思ったり行動したりするように、わたしもわたしも何かを感じたり思ったり行動したりできる存在です。

他人のことも自分のことも値引きすることなく、あなたはあなた、わたしはわたしで、ちゃんと能力があるし、価値も高い存在です。

お互いに値引きせず、自分のことも値引きぜす、それぞれがそれぞれの人生を生きていく。
誰かの人生を奪うわけでもなく、誰かの人生についていくわけでもなく。

でも、そんな人と人が同じ場所にいて、一緒にご飯を作ったり食べたり後片付けしたりして、美味しかったとか楽しかったとか、今日こんな良いことあったとかを話し合えたり、話し合えなかったりできることって、素晴らしいことだなって思うんです。

私は、私。
あなたは、あなた。

他人の人生を生きるのではなくて、自分の人生を生きよう。

ありがとうございました。

学ぶ!HTCの心理学講座

今すぐのお問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でも受け付けております。
090-1146-4335